猪木 77歳“喜寿”でユーチューバーデビュー「元気があれば何でもできる!」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

アントニオ猪木の喜寿を祝う会で「ダー」と叫ぶ(左から)天龍、猪木、藤波、長州(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 元プロレスラーのアントニオ猪木の77回目の誕生日である20日、都内のホテルで「喜寿を祝う会」が開かれ、400人を超える関係者が祝福に訪れた。

 かつて新日本プロレスの実況を務めた古舘伊知郎のコールとともに入場。「もう飽きた」と言いながらも代名詞の一つでもある「1、2、3、ダーッ」を高らかに叫んだ。

 昨年は参院選に出馬せずに政界を引退。8月には田鶴子夫人が死去した。乾杯の前には田鶴子さんに黙とうがささげられ「今日からまた新しいスタート」と気持ちを新たにした。この日からユーチューブの公式チャンネル「最後の闘魂」を開設。動画の中で「元気があれば何でもできる!アントニオ猪木です。ユーチューバーになります」と宣言した。

 祝う会には愛弟子である藤波辰爾、現役を引退した長州力、天龍源一郎も祝福に駆けつけた。長州から「会長(猪木)が元気でなければ、我々はどうするんですか。“かませ犬”じゃないんですから」と笑いながら絡まれると、闘魂ビンタを浴びせて会場を沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月21日のニュース