20歳の松本圭佑がプロ転向 大橋ジム期待のホープ 松本トレーナーの長男

[ 2020年2月21日 05:30 ]

大橋ジムでプロ転向を発表した松本圭佑(右)と父の好二トレーナー
Photo By スポニチ

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26)が所属する大橋ボクシングジムは20日、松本好二トレーナー(50)の長男・圭佑(20)のプロ転向を発表した。

 3月11日にプロテストを受験し、5月28日にスーパーバンタム級でデビュー予定。小、中学時代にU―15大会5連覇を果たし、フジテレビ「ミライ☆モンスター」に9度も取り上げられた期待のホープは、ブロック予選で敗退し、東京五輪出場の可能性が消滅。昨年末で東農大を中退していた。

 父は日本と東洋太平洋のタイトルを手にしたが、世界王者の夢は果たせないまま引退。父から譲られたスーツで会見に臨んだ松本は「父親を超えるという思いがモチベーション。尚弥さんたち偉大な先輩の背中を追って世界王者を目指したい」と力強く抱負を語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月21日のニュース