比嘉、1年10カ月ぶり再起戦 軽口叩く余裕「計量?何も思いはないです」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

1年10カ月ぶりの復帰戦へ前日計量を一発クリアした比嘉
Photo By スポニチ

 元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24=白井・具志堅)が13日、東京・後楽園ホールで1年10カ月ぶりの再起戦に臨む。119ポンド(約53・9キロ)契約8回戦でジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)と対戦する比嘉は前日計量を53・8キロで一発クリア。「計量?何も思いはないです。記者さんたちはオーバーを期待しているような顔してましたけど」と軽口を叩く余裕すらあった。

 18年4月のV3戦で体重超過により王座剥奪。JBCからライセンス無期限停止の処分を科されたが、昨年10月に解除となり、現在はWBCバンタム級7位にランク入りしている。今回は新たに食事を管理するトレーナーの指導を受け、減量は順調に進んだという。具志堅用高会長は「スピード、切れは前と変わらない。あとは気持ち次第」と期待した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月13日のニュース