卜部功也 体重超過のウェイ・ルイを左一発でKO「もっともっと強い選手と戦いたい」

[ 2018年3月21日 20:02 ]

K―1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~ ( 2018年3月21日    さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ )

 初代K―1WGPスーパーフェザー級王者の卜部功也が体重超過のウェイ・ルイ(中国)を左一発でKOし、ライト級王座を獲得した。2回に左ストレートを顔面に打ち込み、大の字にさせて1分15秒KO勝ち。2階級制覇を達成した。卜部功はリング上で「2階級制覇できたけど、まだまだ挑戦はやめません。もっともっと強い選手と戦いたい」と話した。

 2度目の防衛を目指していたウェイは20日の前日計量でリミットの62・5キロを800グラムオーバーし、2時間後の再計量でも700グラムオーバーして王座剥奪が決定。試合はウェイの1点減点から開始、両者で重さが異なるグローブハンデの条件が付けられ、卜部功が勝った時のみ新王者という変則ルールで行われた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年3月21日のニュース