平本蓮 「ムエタイ新最強伝説」男をKOする大金星

[ 2018年3月21日 19:43 ]

K―1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~ ( 2018年3月21日    さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ )

 K―甲子園2014王者の19歳、平本蓮が「ムエタイ新最強伝説」ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)をKOする大金星を挙げた。プレッシャーをかけてくるゲーオにひるまず打ち合いを挑み、2回に連打でダウンを奪うと、左フックをあごに打ち込んで再び倒し、2分18秒KO勝ちした。

 昨年6月に野杁正明に敗れて王座から陥落したものの、ゲーオは平本にとって少年時代からの憧れの存在。前日会見では「この日のために格闘技をやってきた。明日は世界最強の男が待っているので、終わったら死んでもいい」とまで語っていた。リング上で喜びを爆発させた平本は「新生K―1の本物のスターになって、K―1を世界最大の団体にしたい」と声をはずませた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年3月21日のニュース