武居由樹 初防衛に成功「もっと大きな会場で試合がやりたい」

[ 2018年3月21日 20:19 ]

K―1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~ ( 2018年3月21日    さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ )

 K―1の17年MVPでスーパーバンタム級王者の武居由樹(21)が、久保賢司(28)に1回1分27秒KO勝ちで初防衛に成功した。左ハイキックからの連打で相手がロープへ崩れ落ちるダウンを奪うと、左ボディーから返しの右フックを完璧に決めて豪快なKO劇。昨年、唯一KOできなかった相手を叩きのめした。

 前日会見では久保から「もし武居君が守りに入ったらK―1のスーパーバンタム級は終わる。本気で倒しにこい。頑張ってね」などと散々挑発されていた。この日は新生K―1が初めてさいたまスーパーアリーナのメインアリーナを使用しての興行。「こんな大きい会場で試合ができて、たくさんの応援、本当に幸せです。もっと大きな会場で試合がやりたい。みなさん見に来てください」と話し、新エースの自覚十分だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年3月21日のニュース