武尊 史上初の3階級制覇へ決意表明「骨折れても勝つ」

[ 2018年3月21日 05:30 ]

フォトセッション中にあわや乱闘の武尊(左から3人目)と皇治(右から3人目)
Photo By スポニチ

 新生K―1最大のビッグイベント「K―1 WORLD GP 2018 JAPAN〜K’FESTA.1〜」(スポニチ後援)は21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される。20日は都内で公開計量と会見が行われ、第4代スーパーフェザー級王座決定トーナメントで史上初の3階級制覇を狙う武尊(たける)が「人生を懸けて体づくりと練習をしてきた。明日で格闘家人生が終わってもいい。骨が折れようが勝つ」と決意表明した。

 自ら希望したエグザコスティディス(ギリシャ)との1回戦は事実上の決勝と言われ、「1回戦のことしか考えていない」と強調。写真撮影では決勝での対戦を目指す皇治(こうじ)に「お被り下さい」と貼り紙をしたヘルメットを押しつけられる挑発に激怒し、突き飛ばして乱闘寸前になる一幕もあった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年3月21日のニュース