KANA 判定勝ち ダウン寸前まで追い込む圧勝

[ 2018年3月21日 16:26 ]

K―1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~ ( 2018年3月21日    さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ )

2R、ポリナ・ペトゥホーヴァ(左)を攻めるKANA
Photo By スポニチ

 K―1で初めて女子の試合が50キロ以下契約スーパーファイトで行われ、Krush同級女王のKANA(25)がポリナ・ペトゥホーヴァ(18=ロシア)に3―0で判定勝ちした。

 1回から右フックと左ボディーのコンビネーションや膝蹴りで攻め立て、2回には顔面に左ハイキックを当ててダウンを奪った。KOこそ逃したものの、3回には左右フックの連打やハイキックの連発で圧倒し、ダウン寸前まで追い込む圧勝。前日計量で「しっかりインパクトを残したい」と話していたとおりのK―1デビューとなった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年3月21日のニュース