小国 3―0判定勝ちで王座奪取 ダウン奪い無敗王者を撃破

[ 2016年12月31日 21:03 ]

IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 王者ジョナタン・グスマン≪12回戦≫同級5位・小国以載 ( 2016年12月31日    島津アリーナ京都 )

小国は判定で新チャンピオンに輝きバンザイ
Photo By スポニチ

 世界初挑戦の小国以載(28=角海老宝石)は王者のジョナタン・グスマン(27=ドミニカ共和国)と対戦、判定勝ちし王座獲得に成功した。

 小国は22勝全てがKO勝ちの無敗王者グスマン相手に粘り強く戦い、3回にはダウンを奪うなど不利の予想を覆し3―0(すべて115―112)の判定で勝負をものにした。

 戦績は小国が21戦19勝(7KO)1敗1分け。グスマンはプロ初黒星を喫し、24戦22勝(22KO)1敗1無効試合。

 ◆小国 以載(おぐに・ゆきのり)1988年(昭63)5月19日生まれ、兵庫県赤穂市出身の28歳。中学3年から競技を始め、神戸第一高3年で総体バンタム級3位。芦屋大を中退し09年11月プロデビュー。11年11月に東洋太平洋スーパーバンタム級王者となったが、13年3月に同タイトルを失った。14年12月には日本スーパーバンタム級王座を獲得した。1メートル72。右ボクサーファイター。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月31日のニュース