井岡一翔 ダウン跳ね返し7回TKO勝ちで逆転V4!「倍返ししようと」

[ 2016年12月31日 22:11 ]

プロボクシングWBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦   王者・井岡一翔―同級1位スタンプ・キャトニワット ( 2016年12月31日    島津アリーナ京都 )

7回、井岡はキャットニワット(右)のボディーに左を当てダウンを奪う
Photo By スポニチ

 プロボクシングの世界ボクシング協会(WBA)世界フライ級タイトルマッチ12回戦は31日、島津アリーナ京都で行われ、王者・井岡一翔(27=井岡)が挑戦者で同級1位のスタンプ・キャットニワット(18=タイ)を7回2分51秒にTKOで下し、4度目の防衛に成功した。

 井岡は15戦全勝と無敗を誇るスタンプに2回、右フックで先制のダウンを奪われた。幸い、ダメージは小さく、反撃に転じると、7回にボディーで2度のダウンを奪い逆転勝ちした。

 試合後、井岡は「KO勝ちを見せられてよかった。ダウンしてしまったのでやり返して倍返ししようと思った。ジムの関係者や家族、最愛の人に最大の感謝を贈りたい。最高の酒を飲んで最高の年越しを迎えてください。ハッピー、ニューイヤー!」。結婚の意思を固めているグラビアアイドルで歌手の谷村奈南(29)を意識した言葉を交え、16年を締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月31日のニュース