田中 5回TKO勝ちで2階級制覇、尚弥と並ぶ日本人最速

[ 2016年12月31日 15:35 ]

WBO世界ライトフライ級王座決定戦 同級1位モイセス・フエンテス≪12回戦≫同級2位・田中恒成 ( 2016年12月31日    岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム )

5回、モイセス・フエンテス(右)にTKO勝ちした田中恒成
Photo By 共同

 2階級制覇を目指す田中恒成(21=畑中)がモイセス・フエンテス(29=メキシコ)と対戦、5回TKO勝ちした。8戦目での2階級制覇は現WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(23=大橋)と並ぶ日本人最速記録。

 田中は徐々にペースをつかみ、5回に猛攻を仕掛けTKOで勝利を収めた。

 2015年5月に日本選手最速の5戦目でWBO世界ミニマム王座に就いた田中は、この日が階級を上げたライトフライ級で2戦目だった。戦績は21歳の田中が8戦8勝(5KO)。29歳のフエンテスは28戦24勝(13KO)3敗1分け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月31日のニュース