ドジャース・大谷 “理想”はPOまでに実戦形式 キャッチボールで右肘手術後最多72球

[ 2024年5月17日 01:30 ]

<ジャイアンツ・ドジャース>キャッチボールをする大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャース・大谷は試合前、昨年9月の右肘手術後最多となる72球のキャッチボールを行った。

 マーク・プライアー投手コーチはMLBネットワークのラジオ番組に出演し「投手ミーティングにも参加して、積極的に他の投手にアドバイスを与え、山本の良い相談役にもなっている」と明かした。

 今後については「願わくば、プレーオフまでにマウンドから打者相手に(ライブBPなどで)投げられればいい」と見通しを示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月17日のニュース