カブス・誠也 「吹っ切れた」復帰後初弾!4号ソロ

[ 2024年5月17日 01:30 ]

ナ・リーグ   カブス7-1ブレーブス ( 2024年5月15日    アトランタ )

<ブレーブス・カブス>8回、左中間席に4号ソロを放ったカブス・鈴木(AP)
Photo By AP

 カブス・鈴木が8回に左中間席に4号ソロ。右脇腹痛による負傷者リスト(IL)入りから復帰後5試合目での初アーチで「この数日、あまり結果が良くなかったのでイライラもあったけど、最後の打席で気持ち的に吹っ切れた」と笑った。

 チャベスの投じた87・9マイル(約141キロ)のカットボールを強振。「バットのちょっと先だった」というが、打球が伸びた。初回は強烈な打球が相手先発モートンの足に当たって右翼に転々。その間に判断よく二塁に達し「タイミングはアウトだったんでラッキー」と振り返った。

 ナ・リーグ東地区6連覇中のブレーブスにスイープ(3連敗)を食らうのを阻止した。チームも貯金6で地区2位と奮闘。鈴木は「なるべく自分のスイングを心がけてやっていければ」と見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月17日のニュース