Bジェイズ・雄星 初回被弾も粘った4回1/3を1失点「もう少し投げたかった」

[ 2024年5月17日 01:30 ]

ア・リーグ   ブルージェイズ2-3オリオールズ ( 2024年5月15日    ボルティモア )

<オリオールズ・ブルージェイズ>5回途中で無念の降板となったブルージェイズ・菊池雄星(AP)
Photo By AP

 ブルージェイズ・菊池はオリオールズ戦に先発して4回1/3を6安打1失点で勝敗つかず。チームはサヨナラ負けを喫した。

 初回の先頭にソロを浴びて以降は粘りの投球。4回1死二、三塁は連続三振で切り抜けたが、5回1死から右前打を打たれて降板し「もう少し投げたかったが毎回走者を背負っていたし仕方ない」と語った。

 4月22日を最後に白星から遠ざかるが、9三振を奪うなど調子は上々で「勝ち星が付かないことで一喜一憂すると、ろくなことが起きない。意識していない」とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月17日のニュース