149キロ右腕、滝川二・坂井に熱視線!練習試合に燕4人態勢 小川GM「変化量が大きい。楽しみな投手」

[ 2023年6月10日 18:40 ]

高校野球練習試合   滝川二1-8近江 ( 2023年6月10日    近江G )

<滝川二・近江>近江との練習試合に先発して4回3失点の滝川二・坂井陽翔(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補で最速149キロ右腕の滝川二(兵庫)・坂井陽翔(3年)が近江(滋賀)との練習試合に先発登板した。体調が優れず、4回3失点で交代。「強豪チーム相手に先発させてもらえた。初回は良かったけど、2回以降がまだまだだったので、しっかり走り込んで体力をつけていきたいです」と夏本番を見据えた。

 練習試合に広島などNPB4球団9人のスカウトが集結したことが注目度の高さを示す。ヤクルトは小川淳司GM、橿渕聡スカウトグループデスクら編成幹部クラスを含む4人態勢を敷く関心の高さを見せた。小川GMは「スライダーは曲がり、フォークもよく落ちるなど変化球の変化量が大きい。投手らしい体格もしているし、これからが楽しみ投手」と評価した。中日の山本将道スカウトは「センスがある投手。器用なので変化球の制球も良い。あとは外角に直球が決まってくるかどうかぐらい」と話した。

 ◇坂井 陽翔(さかい・はると)2005年(平17)4月5日生まれ、兵庫県加古川市出身の18歳。氷丘南小2年から野球を始め、氷丘中では播磨ボーイズで外野手。滝川二入学後に投手転向。1年夏から背番号20でベンチ入りし、同秋からエース。最速149キロ。1メートル86、80キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月10日のニュース