大谷翔平 史上初「先発投手のサイクル」王手!内野安打、同点2ランに続き二塁打 投手では5回3失点降板

[ 2023年6月10日 12:10 ]

ア・リーグ   エンゼルスーマリナーズ ( 2023年6月9日    アナハイム )

<エンゼルス・マリナーズ>5回、二塁打を放つ大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は9日(日本時間10日)、本拠地でのマリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。第3打席で3打席連続となる二塁打を放った。

 開幕投手を務めたマリナーズの先発右腕・カスティーヨとの対戦で、初回の第1打席は三塁内野安打。3回の第2打席は3試合ぶりとなる17号の同点2ランを放った。5回の第3打席は初球のシンカーを逆方向となる左前へはじき返し、好走塁で二塁打となった。

 カスティーヨは今季ここまで4勝3敗、防御率2.55で、大谷との対戦成績は5打数無安打1四球。

 ここまで大谷は3度サイクル安打に王手をかけている。4月27日のアスレチックス戦に投打同時出場し、6回5失点で4勝目。打っては今季初3安打で本塁打を残した8回は特大の中飛。同じく投打同時出場した5月15日のオリオールズ戦は7回5失点で5勝目。打席では決勝9号3ランを含む自身初の登板時4安打を放ち、投手で59年ぶり5出塁。二塁打を残した9回は左前打に終わったが、ともに達成すれば先発投手では史上初の快挙だった。さらに3日のアストロズ戦でもあと本塁打で自身2度目のサイクル安打に王手をかけたが及ばなかった。

 大谷がサイクル安打を達成したのは19年6月13日、敵地トロピカーナ・フィールドでのレイズ戦。「3番・DH」で出場し、初回に左中間3ラン、3回に左中間二塁打、5回に右翼線三塁打、7回に中前打の4打数4安打で決めた。日本選手の野手通算8725試合目で初めての達成だった。投手登板時のサイクル安打は1888年7月28日にシカゴ・ホワイトストッキングス(カブスの前身)のジミー・ライアンが記録も救援登板で、先発での達成はない。

 この日、投手としては今季初めて中6日で先発。初回に2ランを被弾するなど乱調の立ち上がりとなり、5回までに3失点を喫し、降板した。

 今季は原則中5日で登板してきたが、指揮官は「ここで1日多い休み(Extra Day Off)を与えるのがいいと思った」と新提案。従来通りなら8日(日本時間9日)のカブス戦で鈴木との初対決が予想されていたが、3試合連続で白星のない現状を踏まえ疲労回復を優先した。

 これまでマリナーズ戦は通算7試合に先発し、5勝0敗、防御率1.64の好成績。4月5日に登板し、6回3安打1失点8三振の好投で今季初勝利を挙げている。

続きを表示

この記事のフォト

2023年6月10日のニュース