東北福祉大6季連続V! 今秋ドラフト注目右腕・椋木は9回から登板し152キロ&2K

[ 2021年6月1日 05:30 ]

仙台六大学野球   東北福祉大4ー3仙台大 ( 2021年5月31日    東北福祉大 )

<東北福祉大・仙台大>優勝を決め喜ぶ東北福祉大ナイン。椋木(中央)は捕手に抱きつかれる(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 東北福祉大が仙台大との優勝決定戦に4―3で競り勝ち、仙台六大学リーグで6季連続74度目の優勝を決めた。

 4―1の9回に今秋ドラフト上位候補のエース右腕・椋木(むくのき)が登板。2ランを被弾するも自己最速に1キロに迫る152キロを計測する力投で2三振も奪った。

 35度目の出場となる全日本大学野球選手権(7日開幕、神宮ほか)に向け「全国の舞台で自分の名を売りたい」と活躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月1日のニュース