頭部死球の阪神・長坂は「頭部打撲」と診断 明日以降は様子を見て慎重に判断

[ 2021年4月27日 17:45 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―オリックス ( 2021年4月27日    鳴尾浜 )

阪神・長坂
Photo By スポニチ

 阪神は、27日のウエスタン・リーグ、オリックス戦で頭部死球を受けて途中交代した阪神・長坂拳弥捕手(26)が兵庫県西宮市内の病院を受診し、頭部打撲と診断されたことを発表した。

 「8番・捕手」で出場した長坂は2回無死二塁で打席に立ったが、1ボール2ストライクからオリックス先発・張奕の直球が頭部付近に直撃。その場に倒れ込んだ。

 阪神平田2軍監督、オリックス小林2軍監督ら両軍の首脳陣もホームベース付近に駆けつけた中、長坂は担架に乗せられて運ばれ、交代となっていた。明日以降の動きについては状態を見て、慎重に判断する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月27日のニュース