八戸学院大・武岡2ラン 弟はヤクルトの新人・龍世「常に刺激を受けている」

[ 2020年6月15日 05:30 ]

練習試合   八戸学院大6―3青森大 ( 2020年6月14日    メイプルスタジアム )

<八戸学院大・青森大>8回1死三塁、右越え2ランを放つ武岡(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 八戸学院大の武岡大聖内野手(4年)が、最速147キロ右腕の青森大・遠藤暉世己(きせき)投手(4年)との「ドラフト候補対決」に完勝した。

 8回に代わったばかりの遠藤の直球を捉える右越え2ラン。左のスラッガーは「持ち味を出せたと思う」と納得の一撃だった。3学年下の弟・龍世はヤクルトのドラフト6位。同じ左打者で「弟から常に刺激を受けている」と話し、スカウト陣にアピールする3安打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月15日のニュース