プロ野球 6・19開幕!近日中に日程発表 他のスポーツに「開催の指針を示せれば」

[ 2020年5月26日 05:30 ]

開幕を待つ東京ドーム
Photo By スポニチ

 プロ野球は25日、オンラインで12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大により延期していた開幕日を6月19日に正式決定した。約3カ月遅れの開幕で、レギュラーシーズンは143試合から120試合に削減。当面は無観客での開催で、日程は近日中に発表される。この日、緊急事態宣言が全国で解除されたことを受け、プロ野球が国内プロスポーツの先陣を切る。

 緊急事態宣言の発令以来、国内プロスポーツで初めてプロ野球が公式戦開催を決めた。

 「数度にわたり日程変更を余儀なくされ、ご心配を掛けた。外出自粛などの閉塞感に苦しんだ国民を勇気づけ、プロ野球以外のスポーツにも開催の指針を示せればと思う」

 斉藤惇コミッショナー(80)はプロ野球が背負う大義を口にした。6月19日にセ・パ両リーグが2軍のイースタン、ウエスタン・リーグとともに開幕。そこへ向けた練習試合は6月2日から14日まで、4カード計12試合を組んだ。首都圏に8チームが集まり、西日本でオリックス、阪神、広島、ソフトバンクが戦う。

 「コロナウイルスと共存し、知恵を持って抑えながらやっていくしかない」と斉藤コミッショナー。日程についての議論は継続中で「いろいろ工夫しているのでもう少し時間を下さい」とした。この日は発表できなかったが、開幕カードは巨人―阪神戦、DeNA―広島戦、ヤクルト―中日戦、西武―日本ハム戦、ソフトバンク―ロッテ戦、オリックス―楽天戦が最有力となっている。

 開幕後、パは同一カード6連戦として移動の回数を抑える形を導入。セは開幕直後は関東の試合を集中的に組み、最初の4カードは全て関東圏とナゴヤドームで開催される見込みだ。

 当面は無観客での開催。第2波への備えも欠かさない。「日本は非常に質の良い管理を皆さんの努力でできている。家にいてお子さんたちも外に出られない。スポーツの元気を与えてあげたい」。国民のここまでの努力が6・19開幕につながったことを、球界関係者全員が実感している。選手たちは日本の底力を胸に抱き、プレーで還元する時が来た。(後藤 茂樹)

 ○…開幕日に決まった6月19日は野球の本場・米国では「ベースボール記念日」。日本はまだ江戸時代だった1846年の同日、ニュージャージー州で公式の記録が残る最初の野球の試合が行われた。国内では8月9日が語呂合わせから「野球の日」として一般社団法人日本記念日協会に認定されている。

《プロ野球と新型コロナ》
 ▼2月21日 日本野球機構と12球団が感染予防のために共通の対策を実施することを確認。

 ▼同25日 巨人が29日と3月1日のヤクルト戦(東京ドーム)の無観客試合を発表。

 ▼同26日 臨時の12球団代表者会議を開き、オープン戦の残り全72試合を無観客試合にすることを決定。

 ▼3月3日 Jリーグと合同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置し、第1回対策連絡会議を行う。

 ▼同9日 第2回対策連絡会議で開幕延期の助言を受け、12球団代表者会議で延期を決定。

 ▼同12日 新たな開幕日を4月10日以降で検討すると発表。20日からは従来予定した公式戦を無観客の練習試合とすることを決定。

 ▼同23日 第4回対策連絡会議で4月後半の開幕が望ましいと助言を受け、12球団代表者会議で4月24日の開幕を目指すことを決定。練習試合の一定期間の中止も発表。

 ▼同24日 東京五輪の1年程度の延期が決定。

 ▼同26日 阪神・藤浪と長坂、伊藤隼の3選手がPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性反応。

 ▼同30日 2軍の無観客での練習試合を一定期間中止にすることを決定。

 ▼同31日 パ・リーグ6球団の社長会議がオンラインで行われ、4月24日の開幕を断念する方向で一致。

 ▼4月3日 4月24日開幕の再延期を決め開幕議論を凍結。練習試合は当面中止。

 ▼同17日 5月中の開幕を断念し、導入後初となる交流戦中止を決定。

 ▼同23日 開幕から当面の無観客開催で一致。開幕協議は5月11日前後に。

 ▼5月11日 6月中の開幕を目指すことで一致。球宴は史上初の中止が決定。

 ▼同22日 第8回対策連絡会議で開催へ前向きな言葉を受け、6月19日の開幕へ大きく前進。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月26日のニュース