PR:

日本ハム・近藤、ヘルニア手術を発表「今後の野球人生を考え」決断

ファンの声援に応える日本ハム・近藤
Photo By スポニチ

 日本ハムは26日、近藤健介捕手(23)が28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術(腰椎椎間板ヘルニア摘出手術PED法)を受けると発表した。近藤は開幕から安打を打ちまくり、打率・407の成績を残していたが、今季中の復帰は絶望的となった。今月3日の阪神戦(甲子園)で右太腿裏を痛め、同11日に2軍落ち。そこから患部の状態が上がらず、22日に札幌市内の病院で数年前から痛みを抱える腰の検査を受けて「椎間板ヘルニア」と診断された。

 持病の腰痛は近年の下半身のコンディション不良に影響しているものと見られ、完治を目指して大きな決断を下した近藤は球団を通じて「シーズン中にチームを離れることを申し訳なく思いますし、個人的にも残念な思いはあります。ただ、今後の野球人生を考え、しっかりと治してプレーすることが最善だと思って決断しました。手術を受けた後は1日も早くファンのみなさんに元気な姿を見せられるよう、リハビリに励もうと思います」とコメントした。

[ 2017年6月26日 12:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム