真中監督 ドラフトくじ勘違いで「ゆうもあ大賞」受賞「救われた」

[ 2015年12月9日 20:14 ]

平成27年度「ゆうもあ大賞」表彰式に出席したヤクルト・真中満監督

 ユーモアで明るい話題を提供した人に贈られる今年の「ゆうもあ大賞」の表彰式が9日、都内で行われ、ヤクルトの真中満監督(44)が出席した。

 真中監督は「プロ野球の監督をしていて、なかなかもらえない賞だと思うのでありがたい」と感謝。10月のドラフト会議で1位指名のクジ引きを当たりと勘違いしたユーモア?が評価されたとのことで「目立っちゃいけないところで目立ってしまい、みんなには迷惑かけたが、こういう賞をいただき少しは救われたかな」と語った。すると同席していた女優の黒柳徹子(82)から「笑わせていただきました」と声をかけられ、苦笑いだった。

 同賞は俳優の北大路欣也(72)も受賞。来年の抱負を聞かれ、真中監督は「来年は北大路欣也さんに負けないように!」と日本シリーズで敗れたソフトバンクの犬の“お父さん”を前に力強く宣言した。これを聞いた北大路から「すばらしいチャンピオンシップで感動しました。両チームの選手にありがとう、と言いたい」とねぎらわれ笑顔。「連覇、もう1回(リーグ)優勝して、日本一目指して頑張りたい。そしてクジ引き間違えないようにしたい」と語り、会場の笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月9日のニュース