ヤクルト・雄平 500万円増で更改、成績ダウンも「良い1年だった」

[ 2015年12月9日 16:38 ]

契約更改交渉を終え、記者会見するヤクルトの雄平

 ヤクルトの雄平外野手(31)が9日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、500万円増の6500万円(推定)でサインした。

 リーグ優勝を決めた10月2日の阪神戦(神宮)で、1―1の延長11回に自身プロ初となるサヨナラ打を放ったが、今季は打率・270、8本塁打、60打点と、昨季の・316、23本、90打点を下回った。「悪くても出続ける苦しみも初めて味わったし、その中で最終的に優勝できた。いろいろ詰まった良い1年だった」と振り返り、来季の飛躍へ選球眼を磨くことを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年12月9日のニュース