広島 敵地で6連敗…3度目サヨナラ負け、4番グスマン離脱

[ 2015年4月6日 05:30 ]

<中・広>延長12回1死満塁、一岡(左)はサヨナラ負けを喫し会沢とガックリ引き揚げる

セ・リーグ 広島4-5中日

(4月5日 ナゴヤD)
 広島は全てビジターで6連敗。この日を含め3度目のサヨナラ負けに緒方監督は「しんどい遠征になったね、この6試合は」と疲れ切った表情だった。

 今季4度目の延長戦。救援陣の負担は大きく、延長12回は2イニング目の一岡がサヨナラ打を許した。低迷していた打線は5回に21イニングぶりの得点で逆転したが、その後は再び沈黙。4番で打率・333と好調だったグスマンが試合前練習で左脇腹を痛めて出場選手登録を抹消されるアクシデントも重なり、まさに窮地だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月6日のニュース