星野監督は全パ“総監督”に 佐藤代行が球宴指揮 理事会で方針

[ 2014年6月30日 13:06 ]

楽天・星野監督

 パ・リーグは30日、都内で理事会を開き、「マツダオールスターゲーム2014」(7月18日・西武ドーム、同19日・甲子園)の全パの指揮を楽天・佐藤監督代行が執り、胸椎黄色靱(じん)帯骨化症などの手術で療養中の星野監督は「総監督」に就く方針を固めた。球宴での監督代行の指揮と総監督を置くのは史上初めて。この日午後、12球団の了承を経て正式決定される見通し。

 星野“総監督”はビデオなどを通じて、ファンや選手らにメッセージを送る予定。

 村山良雄パ・リーグ理事長は「(ビデオを通して)元気な姿をファンは見たいだろうし、総監督ならファンの皆様にも納得いただけると思う」と今回の方針決定について話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年6月30日のニュース