上原 2日連続セーブ、イチロー三振斬り 田沢も1回無失点

[ 2014年6月30日 13:22 ]

レッドソックス戦の9回、上原から空振り三振を喫したヤンキースのイチロー

ア・リーグ レッドソックス8―5ヤンキース

(6月29日 ニューヨーク)
 レッドソックスは田沢、上原の必勝パターンで逃げ切った。まずは田沢が8回に登場。2死からベルトランに右前打を許したが後続を打ち取り、21日以来となるマウンドで好結果を出した。

 上原は9回を三者凡退に抑えた。1死で迎えたイチローは勝負球のスプリットで空振り三振に仕留める。2日連続のセーブを挙げ、宿敵との3連戦勝ち越しに貢献した。

 ▼上原の話(3点差の場面での登板で)2点取られてもいいという気持ちでいった。(このカードの)勝ち越しどうこうよりも、もう一つ一つ勝たないと駄目な状況。あしたからまた頑張ります。

 ▼田沢の話(8日ぶりの登板で)投球自体はあまり納得いっていない。ゼロで抑えられてよかった。キャンプでもこんなに空くことはない。ストライクが入ってよかった。試合勘が微妙だった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年6月30日のニュース