大谷父「たまには行って見られるのはうれしいです」

[ 2012年12月10日 06:00 ]

 会見に同席した大谷の父・徹さん(50)は、息子の日本球界入りを喜んだ。会見では北海道のイメージを問われ「一度も行ったことはございません」と苦笑いだったが、当初からリスクの大きい米球界よりも、国内球団入りを勧めてきた。

 それだけに「親としてはたまには(球場に)行って見られるのはうれしいです」と大谷の決断に安どした様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月10日のニュース