荻野忠 堀北真希似の27歳美女と結婚していた

[ 2011年12月29日 06:00 ]

自ら描いた深由紀(みゆき)さんの似顔絵を手に笑顔の荻野忠

 ロッテの荻野忠寛投手(29)が東京都在住の深由紀(みゆき)夫人(27=会社員)と結婚していたことが28日、明らかになった。

 度胸満点の中継ぎエースが至福のゴールインだ。2人は荻野忠の29歳の誕生日となった今年4月26日に、約3年半の交際を経て婚姻届を提出。シーズン終了を待って今月17日に都内で挙式した。生涯の伴侶を得た右腕は力強く言った。

 「気が合うし、一緒にいて凄く落ち着く人です。結婚したからには来季は必ずいいシーズンになるように頑張ります」

 出会いは07年のオフだった。共通の知人の紹介で知り合って交際をスタート。深由紀さんは野球に詳しくなかったが、熱心に球場に足を運んでくれることが荻野忠の発奮材料になった。関係者によると、深由紀さんは小柄で長い髪が似合い、女優の堀北真希似の美人。料理の腕前も抜群で、タンパク質を多く含む鶏のささみ料理などで献身的にサポートしてくれているという。

 荻野忠は新人だった07年から3年連続50試合以上登板など、不動の中継ぎエースとしてフル回転。08年には守護神として5勝5敗30セーブ、防御率2・45と大車輪の活躍を見せた。だが、過去2シーズンは2度の右肘手術、腰の手術を受けたため1軍登板なし。つらいときに支えてくれたのが深由紀さんだった。

 感謝の思いはグラウンドで返そうと燃えている。「今は肘の状態には不安はない。とにかくまずは復帰すること。来年はケガなく1年間1軍にいて、チームの優勝に貢献したい」。3年ぶりの1軍マウンドで剛腕が復活の雄叫びを上げる。

 ◆荻野 忠寛(おぎの・ただひろ)1982年(昭57)4月26日、東京都生まれの29歳。桜美林―神奈川大―日立製作所を経て、06年大学・社会人ドラフト4巡目でロッテ入団。1年目から3シーズン連続で50試合以上に登板し、08年には抑えとして30セーブを挙げた。1メートル74、72キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月29日のニュース