PR:

【だから元気!】早見優 アボカド♪愛かな~♪YES!!

「夏色のナンシー」ポーズを披露してくれた早見優
Photo By スポニチ

 アラフィフ、2人の娘の母となっても、早見優(50)はチャーミングだ。米ハワイ育ちのバイリンガルアイドルとしてデビューから35年。当時と変わらぬスラリとしたスタイルには驚くばかり。そんな若々しさの秘けつは、無理せず、ストレスをためないライフスタイルと“アボカド愛”にあるようだ。

 私、食事でダイエットができないんですよ。お酒、ワインも大好きですし、食べたいと思ったら食べる性格なので。夜だってダイエット方法で人気の炭水化物カットとかじゃなく、パスタも食べるし、白いご飯も大好き。その分、運動するようには心がけています。

 今は週2回、スポーツジムに通っていて、この1、2年、ハマっているのはズンバ(※1)。走ったり、ウエートトレーニングはつらい。元々ダンスは好きですし、踊るのもかなりの運動量。汗をかいて有酸素運動できるならと思って始めました。ラテン系の音楽に合わせてステップ踏んで、腕も動かしながら60分踊り続ける。きつくないですよ。コンサートとかの方が全然つらいです。ズンバは歌も歌わないので(笑い)。

 運動は大嫌いでした。でも、年齢を重ねるにつれて、やっぱりこのままじゃいけないし運動して汗をかくとストレス解消になるんだな、と気づいてからは続けるようにしています。

 とはいえストイックにはできませんね。何よりもお友達と一緒にワインを飲むのが私の一番のストレス解消。あまり気にせず食べる時は食べる、飲む時は飲む。バランス良く食べて“ストレス食べ”をしないこと。そのために適度な運動、食事制限しない、この2つを大切にしています。

 50歳になって、食事でこだわっているのは豆乳。コーヒーとか紅茶に入れたり、スムージーにしたり。豆乳はちょっと甘いのでお砂糖使わなくていいし、大豆は女性ホルモンに働きかけがいいらしいですし。サプリではなく、豆腐とか豆乳で、自然な形で取るようにしています。

 あとはアボカド!昔から大好きで、常に家にあります。ハワイに住んでいる時、サンドイッチか何かに入っていたと思うんですけど「わぁ、おいしい!」って思ったのを覚えています。森のバターと言われるぐらいクリーミーで、おしょう油とも合うし、ワサビとも合う。順応性のある味がいい(笑い)。毎日か、2日に一回は食べるって感じ。14歳ぐらいからだから、もう付き合いは36年。オリジナルの「アボカドトースト」にしたり。「アボカドディップ」もオススメ。凄くおいしいですよ。

 アボカドって、たぶんカロリーは高いと思うんですけど、ビタミンEが多いから肌にはいいと聞いたことがあります。でも分からないです。全くウソかもしれない(笑い)=※2

 子供たちから「ママ、そんなに好きなら種から木を栽培したらどう?」って言われて一時やったこともあります。種に穴を開けて、最初はつまようじを足みたいにつけて水につけるんです。で、なんかヒョロヒョロ~って出てくるので、そこで植え替えるんですけど、そこからダメでしたね。うまくいきませんでした。自家製アボカド…食べたかったなあ。

 自分としては特に若づくりはしていません。自然のままで、体が疲れたと思う時は寝る。ですから睡眠もよく取っていますね。毎日7時間は寝なきゃいけないというか、体が欲するので。お友達と食事行って、みんな午前1時くらいまで飲んでますけど、私は12時になったらピタッと帰ります。「もう、寝たい」って思うから。アイドル時代は睡眠時間がなかなか取れなかった。だから今、睡眠を大切にしているのかもしれませんね(笑い)。

 ≪夏色のナンシーCMで再び≫かつてのアイドル時代をほうふつさせる衣装でヒット曲「夏色のナンシー」の替え歌を歌うテレビCMが話題になっている。ネットでは「かわいい」「昔の映像?」などとの声も上がるが「今(の自分)に決まってるじゃないですか」と照れ笑いする早見。今年は歌手活動も本格的に再開。8月にはタレントの藤井隆プロデュースで21年ぶりとなる新曲「溶けるようにkiss me」を含む全6曲を収録したミニアルバム「Delicacy of Love」をリリースした。12月6日には埼玉で松本伊代と2人でクリスマスディナーショーを開催、来年1月14、21日には松本伊代、森口博子とともに東京、群馬でコンサートを行う。

 ◆早見 優(はやみ・ゆう)1966年(昭41)9月2日生まれの50歳。3歳から14歳までグアムとハワイで過ごしスカウトをきっかけに帰国し芸能界入り。82年に「急いで!初恋」で歌手デビュー。「夏色のナンシー」などヒット曲を連発し83年からNHK紅白歌合戦に3年連続出場。96年3月に結婚し2001年に長女、03年に次女をもうける。歌手活動のほか、エッセー執筆などマルチに活躍中。

 ◇いろいろありますアボカドレシピ

 【アボカドトースト】アボカド1個、中身を取り出し、クリーム状にする。トーストにアボカドを塗って、塩をパラパラとかける。レモンをチュッとかけて、一味唐辛子をパラパラと散らす。

 【アボカドディップ】ボウルに細かく切ったアボカド(1個分)と、みじん切りにした赤タマネギ(4分の1個)を混ぜ合わせて、塩で味つけする。レモン(1個分)、またはライム(同)の果汁をかける。さいの目に切ったトマトを上にのせる。香菜(適量)を上に飾り付けする。チップスと一緒に食べる。

 ※1【ズンバ(ZUMBA)】1990年代にコロンビア出身のインストラクターによって創作されたフィットネス・プログラム。主にラテン音楽によってエクササイズが行われ、ダンスステップを基本としている。世界で1500万人以上の愛好者がいるとされる。

 ※2【アボカドの効能】世界一栄養価が高い果物とされ、果肉には脂肪分が約18~25%含まれ「森のバター」などと呼ばれる。カロリーは高めで食べ過ぎには注意が必要だが、脂肪分のほとんどが善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸で、血液サラサラ効果やコレステロール減少効果などがあるとされる。老化防止につながるビタミンEも多く含まれる。

[ 2016年12月2日 12:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:08月22日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス