PR:

キムタク2度目カンヌで自信「完全なるメード・イン・ジャパン」

 第70回カンヌ国際映画祭の特別招待作品に選ばれた「無限の住人」の公式会見が18日、現地で行われ、主演で元SMAPの木村拓哉(44)が三池崇史監督(56)、共演の杉咲花(19)とともに出席した。出演作のカンヌ参加は、香港映画「2046」がコンペティション部門に出品された04年以来13年ぶり。邦画および主演作では初めてとなる。

 会見には世界各国の記者約100人が参加。前回との違いを聞かれた木村は「完全なるメード・イン・ジャパンの映画で招待していただけたということが大きな違い」と強調。「カンヌに戻ってくることができたことに感謝しています」と笑顔を見せた。会見後には木村の元に、サインを求める記者が殺到する一幕もあった。

 三池監督は15年の「極道大戦争」以来2年ぶり6作目の参加。杉咲は初の海外映画祭となる。「無限の住人」は世界的に注目されるエンターテインメント作品を選ぶ「アウト・オブ・コンペティション部門」に出品された。

[ 2017年5月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月21日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル