PR:

YOSHIKI、頸椎の手術無事成功 術後数時間でレコーディング直談判

YOSHIKI
Photo By スポニチ

 「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が米ロサンゼルスで現地時間16日に頸椎(けいつい)の人工椎間板の置換手術を受け、無事に終了し、成功した。日本時間17日にマネジメント事務所が発表した。

 手術はニールアナンド医師により執刀され、「人工椎間板置換手術は非常に繊細な作業を要し、数時間に及びましたが、現在YOSHIKIの容態は安定しております」と報告。

 また医師の話によると、術後声を発する事が困難な状態がしばらく続くが、時間の経過とともに本来の声を少しずつ取り戻していくという。傷口は6週間で部分的な治癒、6カ月後には90%の回復が期待される見込み。しかし左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、「改善にどれだけの時間がかかるのかは現段階では分からない状況」とされた。

 通常であれば、最低でも術後数日は入院することが望ましい状況。しかしYOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用して意識がもうろうとした状態ながら手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたいと言い、術後数時間で医師に直談判。退院したその足でスタジオに向かってしまったという。その後、30分ほど作業をしたが、手術直後の体調では想像以上の負担があり、同行していたスタッフ、ナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中だという。

 マネジメント事務所は「今回の件で世界各国の皆様からお見舞いのメッセージをいただき、大変感謝しております」とし、「YOSHIKIは今回の手術により、多くの関係者及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びしたいと申しております」と伝えた。

[ 2017年5月17日 13:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月20日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル