PR:

米倉涼子破局原因はモラハラ?「罵倒、首締め、5時間正座説教」報道

離婚協議へ準備を始めたと報じられた米倉涼子

 女優の米倉涼子(39)が2歳年下の会社経営の夫との離婚を決意し、協議に向けて準備に入ったと、9日発売の「週刊文春」が報じている。夫の「モラルハラスメント」も指摘しており、米倉が人前で罵倒されたり、首を絞められたり、自宅で正座をさせられ5時間説教をされたこともあったとの内容の証言も掲載している。

 同誌の取材を大阪で受けた夫は「何も言わないです」などと対応。東京都内でほぼ同時刻に直撃取材を受けた米倉は、「離婚の決意を固めたということですね」の質問に「ちょっと今はお話しできません」とコメント。夫のモラハラについては「うーん、何て答えていいのか分からない」と話したという。

 3月31日付でスポニチ本紙が夫妻の別居をスクープして以降、米倉が私生活について何らかの肉声を発したのは初めて。週刊文春の記事には、「夫への愛情がなくなった?」「(モラハラが)つらかった?」の質問に、米倉が「うん」とうなずいたとある。

 本紙が、米倉の親しい友人の話として「周りにいろいろ相談しており、離婚についても考えている」と報道してから1週間が経過。本紙の取材では、2人の関係が修復不可能な状態に達していることは間違いない。現状では、離婚は避けられない。

 週刊文春の記事について所属事務所は、本紙の取材に「(米倉が)発した言葉については、事務所のスタッフが一緒にいなかったので何も答えられません」とした。「米倉から何らかの相談を受けているわけでもなく、新たに回答することはありません」としている。

[ 2015年4月9日 06:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月23日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル