PR:

草なぎ剛 初クドカン作品で主演「満たすのは草なぎさんだけ」

宮藤官九郎監督

 SMAPの草なぎ剛(37)が脚本家、宮藤官九郎(41)の監督映画で主演することになった。

 来年公開の新作「中学生円山」で、宮藤作品への出演は初めて。団地を舞台にした物語で、草なぎは団地に引っ越してくる謎めいたシングルファーザー役。エッチな妄想癖のある中学生と出会い、2人の交流が絆に変わっていく様子を描く。脚本は宮藤監督が書き下ろした。中学生の妄想シーンも映像化され、草なぎは殺し屋に扮してガンアクションなどにも挑む。

 宮藤監督がメガホンを取るのは「少年メリケンサック」以来で4年ぶり3作目。草なぎとは俳優として連続ドラマ「おいしい関係」(フジテレビ)などで共演したことがある。起用理由について「団地での平凡な感じのシングルファーザーと、妄想の中での強い表情、演技が両方要求される役。それを満たすのは草なぎ剛さんしかいないと思った」と説明している。

 草なぎは「最初に本を頂いて読んだ時はめちゃくちゃな内容で笑えました。しかし、撮影をしていると、笑いの中に、だんだんと人間の温かみが出てきて奥深さが伝わってきました」と作品の内容をアピール。「監督の世界観に応えるよう頑張ってますので期待していてください」と話している。

 宮藤が脚本を手掛けたテレビ朝日の連続ドラマ「11人もいる!」に出演した平岡拓真(14)が中学生役、仲村トオル(46)と坂井真紀(42)がその両親役を演じる。

[ 2012年7月6日 07:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月23日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル