PR:

阪神・矢野コーチが2軍監督 引退の安藤&新井良も即コーチに

ベンチで矢野コーチ(右)らと話す金本監督
Photo By スポニチ

 金本阪神の来季へ向けたコーチングスタッフの概要が固まり、矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(48)が2軍監督に就任することが分かった。掛布雅之前監督が今季限りで退任。金本監督の参謀を据えることで、さらなる若手育成を推進する。また、片岡篤史1軍打撃コーチ(48)がヘッドコーチに就任し、打撃コーチを兼務することも明らかになった。

 新体制で、来季こそV奪回だ。矢野作戦兼バッテリーコーチを2軍監督に起用し、さらなる若手育成を推進する。同ポストは掛布前監督が契約満了のため今季限りで退任し、現在は山田勝彦2軍バッテリーコーチが代行を務めている状況。後任の1軍バッテリーコーチには、山田コーチが昇格する。

 側近中の側近に、2軍監督の要職を託す。金本監督と矢野コーチは同じ東北福祉大出身で、現役時代もともに戦った盟友。意思疎通もスムーズで、若手育成を任せるのにこれ以上の適任者はいない。さらに今秋ドラフトでは早実・清宮の1位指名を公言しており、獲得成功となれば将来のスター候補の育成を託すことにもなる重要なポジション。甘やかすことなく厳格に育ててくれるであろう矢野コーチに、球団は白羽の矢を立てた。

 また、片岡1軍打撃コーチが来季から1軍ヘッドコーチに昇格し、打撃コーチを兼務することも明らかになった。最も指揮官からの信頼が厚い熱血漢が、側近としてチーム全体を引き締め、統括することになる。今季までヘッドコーチを務めた高代延博コーチはその豊富な経験を生かし、来季から作戦面の重責を担うことが有力視される。投手部門については香田勲投手コーチが留任し、他の1軍コーチ陣も基本的には全員が留任となる見込みだ。

 掛布監督とともに古屋英夫野手チーフ兼育成コーチ、久保康生投手コーチ、今岡真訪打撃兼野手育成コーチの計4人が退団した2軍コーチングスタッフに関しては、新たに福原忍育成コーチが投手コーチ、藤井彰人育成コーチがバッテリーコーチに就任。加えて今季限りで現役を引退した安藤優也氏が育成コーチ、新井良太氏が打撃コーチとして指導陣に加わることになる。

 来季3年目を迎える金本阪神。コーチングスタッフも若返りを図り、頂点を狙う。

[ 2017年10月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム