錦織圭 ウィンブルドン前哨戦の直前で棄権 右足首の捻挫「芝で滑ってしまった。大事を取った」

[ 2024年6月26日 03:30 ]

錦織圭
Photo By スポニチ

 テニスのウィンブルドン選手権(7月1日開幕)の前哨戦、イーストボーン国際は25日、英国のイーストボーンで男子シングルス1回戦が行われ、元世界ランキング4位でパリ五輪出場権を獲得している錦織圭(34=ユニクロ)が右足首のケガのため試合直前に棄権した。世界ランク32位のマリアノ・ナボネ(アルゼンチン)と対戦予定だった。

 錦織は「3日前に練習で軽い捻挫をした。芝で滑ってしまった。少し炎症が起きて大事を取った」と経緯を説明した。3季ぶりの4大大会出場となった今年の全仏オープンで、2回戦を右肩痛のため途中棄権した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月26日のニュース