【バレー女子】古賀紗理那 声ガラガラ「ちゃんと勝てたことが良かった」13日カナダ戦「鍵になる」

[ 2024年6月12日 21:20 ]

ネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会   日本3-0韓国 ( 2024年6月12日    北九州市・西日本総合展示場 )

<日本・韓国>第3セット、歓喜する古賀紗理那(右)ら(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 バレーボールのネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会が行われ、世界ランク6位の日本は同38位の韓国を3-0(25-16、25-16、25-23)で下した。福岡大会初戦を制し、通算7勝2敗とした。

 キャプテンとして、古賀は声を出し続けた。「最後のセットはきついシーンが多かったが、ちゃんと勝てたことが良かったと思う」。試合を振り返る声はかすれていた。

 2セット連取で迎えた第3セットは一転、追う展開。スパイクやバックアタックに加え、フェイント、ブロックアウトを狙うなど落ち着いたプレーでチームをけん引した。23-23からは打点の高いスパイクを決めてマッチポイントを握ると、最後も古賀のスパイクで試合を決めた。石川の16得点に次ぐ、15得点をたたき出した。

 13日は世界ランク10位のカナダと対戦する。「特に明日が鍵になるので、明日のためにコンディションを整えていきたい。タフな試合になると思うが、しっかり集中して戦っていきたい」と切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月12日のニュース