佐久間朱莉 昨年PO惜敗の舞台で念願の初Vへ「リベンジできたらいい」

[ 2024年5月30日 16:05 ]

佐久間朱莉
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのヨネックス・レディースは31日から3日間、新潟県のヨネックスCC(6339ヤード、パー72)で開催される。

 開幕を翌日に控えた30日、メルセデスランク6位の佐久間朱莉(21=大東建託)が会場で最終調整。コースは異なるが、昨年プレーオフの末に敗れたトーナメントで「去年、一番悔しい思いをした大会。今年リベンジできたら良い」と力を込めた。

 前週のリゾートトラスト・レディースでは今季2度目の予選落ち。週末には師匠の尾崎将司のもとに出向き、スイングを修正。「若干、フォローの時に体が止まってボールが捕まらない感じだったので、それを修正していただきました」としっかりと調整し、今大会に挑む。

 同週開催のメジャー、全米女子オープンに日本勢21人が参戦しているため、今大会出場者で佐久間がメルセデスランク最上位の選手となる。ただし、大会に臨む姿勢は変わらない。「この試合に出ている選手も皆さん上手。そこはあまり深く考えすぎずに、いつも通りできたらいい」と言った。

 今季は2度の2位を含むトップ10入りは5度を数える。「毎試合毎試合、優勝を狙っている」。何度も初優勝に肉薄してきた21歳。昨年大会の雪辱を果たし、念願の1勝目をつかみたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月30日のニュース