琴桜、豊昇龍の2大関が2勝目 霧島は熱海富士に敗れ2敗目 全勝は宇良、御嶽海ら7力士

[ 2024年5月14日 17:54 ]

<大相撲夏場所3日目>寄り切りで大栄翔(右)を破る豊昇龍(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大相撲夏場所は14日、東京・両国国技館で3日目が行われ、大関・琴桜(26=佐渡ケ嶽部屋)、大関・豊昇龍(24=立浪部屋)が白星を挙げた。

 結びの一番では霧島が熱海富士に押し倒しで敗れ2敗目を喫した。琴桜は平戸海(24=境川部屋)に押し出しで2勝1敗、豊昇龍は大栄翔(30=追手風部屋)に寄り切りで1勝2敗の結果で白星を得た。

 西前頭4枚目の宇良(31=木瀬部屋)は東前頭5枚目の阿武咲(27=阿武松部屋)を肩すかしで下し、初日から3連勝とした。立ち合いで踏み込んだ。そこから押し込まれたものの、土俵際で右を差すと、肩すかしで鮮やかに相手を転がした。

 3日目を終え3戦全勝力士は、宇良、御嶽海、湘南乃海、竜電、宝富士、金峰山、欧勝馬。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月14日のニュース