伊藤有希 欧州合宿で“対応力”強化「いろんなジャンプ台飛ぶ」

[ 2017年6月29日 10:44 ]

合宿への意気込みを語る伊藤有希
Photo By スポニチ

 ノルディックスキー・ジャンプの女子ワールドカップ(W杯)で昨季5勝を挙げた伊藤有希(23=土屋ホーム)らが29日、チームの欧州合宿に向け成田空港を出発した。伊藤は「トレーニング目的に合わせいろいろなジャンプ台で練習できるので楽しみ」と話した。

 今夏の合宿では多くのジャンプ台を経験することもテーマの一つだ。スロベニア、イタリア、オーストリアなどのジャンプ台での練習が予定されているといい「違ったジャンプ台を飛ぶことはW杯での転戦にもつながる。ジャンプ台が変わっても対応できる力を中心に鍛えたい」と語った。

 男子の小林陵侑(20=土屋ホーム)は「宮古島合宿が終わって、あまりいい踏み切りができなかった。今回のテーマは踏み切りをしっかりすること」と話し、伊藤将充(19=土屋ホーム)は「合宿が終わればすぐにシーズンが始まる。国内開幕戦に向けてしっかり調整したい」とレベルアップを誓っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年6月29日のニュース