三宅義信氏 マスターズ大会で日本記録更新に意欲

[ 2016年3月31日 05:30 ]

三宅義信氏

 重量挙げのマスターズW杯東京大会の記者発表が都内で行われ、64年東京五輪金メダリストの三宅義信氏(76)が日本記録更新に怪気炎を上げた。

 2度目の東京五輪開催決定に「五輪を盛り上げたい」と現役復帰。昨年9月には75~79歳男子56キロ級で世界マスターズにも出場した。「体を壊さないようにしながら今回も奮起したい。日本記録は出したい」とスナッチで46キロ、ジャークで56~58キロを目標とし、合計102キロの日本記録更新に意欲を見せた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年3月31日のニュース