金沢 アイアン光った!唯一60台で首位発進

[ 2013年6月11日 06:00 ]

初日首位に立ち、笑顔を見せる金沢志奈

スポニチ主催平成25年度関東高等学校ゴルフ選手権女子大会(第47回個人、第28回団体の部)第1日

(6月10日 栃木県大田原市 那須野ケ原カントリークラブ=6296ヤード、パー72)
 個人戦は金沢志奈(茨城・岩瀬日大3年)が4バーディー、1ボギーの3アンダー69で回り、首位発進した。3人の合計スコアで争う団体戦は東京・堀越が216で首位。前年度優勝の山梨学院大付は226で10打差の4位だった。なお決勝ラウンド終了時点で、個人はシード選手を除く上位27人まで、団体は上位8校が全国高校選手権(8月5日開幕、三重・白山ヴィレッジGC)の出場権を得る。

 唯一60台の金沢は「アイアンが良かった」と振り返った。小学2年生の時に父・光太さん(45)に連れられてゴルフ場を訪れた。すぐに「面白い」と感じ、自らの意思でクラブを手にするようになった。ゴルフ以外のスポーツは不得意で、勉強も苦手と笑うが、「(最終日も)安定してアンダーで回れたら」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年6月11日のニュース