×

【東京都知事選】必勝の赤パンツが当選を後押し!清水国明氏が明かした覚悟とは

[ 2024年6月24日 16:34 ]

巣鴨地蔵通商店街で「必勝の赤パンツ」を購入した清水国明氏(撮影・菊地一)
Photo By スポニチ

 東京都知事選に立候補した諸派新人の清水国明が24日、東京・巣鴨で街頭演説を行い、都知事選への覚悟を語った。

 「退路を断っての出馬」。立候補以降、常々口にする清水氏は、長年出演していたBS-TBS「噂の!東京マガジン」を立候補を機に降板した。共演していた深沢邦之からは「とても寂しい」とメッセージが来たそうで、番組も清水氏の席は空けたままキープしているという。それでも、「落選しても戻る場所があるから、という甘い考えではやっていないし、やりたくない」と清水氏は語り、今回の都知事選にかける思いは強い。

 立候補を考え始めたという約半年前は「“防災”という、自らがやりたいことのための売名の気持ちも少なからずあった」と打ち明けた清水氏だが、深沢氏の言葉や選挙運動を通じて、「当選して東京を変えたい」と気持ちに変化が表れた。告示日後月の週末が明け、「ほかの候補者が、防災という自分のマニュフェストに寄せてきているのを感じる」と一定の手応えも口にした清水氏。「寂しいと言ってくれた深沢のためにも、席を空けてくれている番組のためにも、必ず当選して“都知事”として、再び番組に出演したい。絶対に当選します!」と力強く語った。

 演説後は「巣鴨地蔵通商店街」を練り歩き、赤パンツの元祖と呼ばれる「巣鴨のマルジ館」で、“必勝”と書かれた赤パンツも購入した。「世界基準の防災ですべての都民の命を守る」。清水氏の覚悟を“必勝の赤パンツ”が後押しする。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「騒動特集」特集記事

2024年6月24日のニュース