大会成功へ“ONE TEAM”の司令塔 ボランティアリーダー5つの心得

[ 2019年11月4日 09:00 ]

16年リオ五輪で一緒に活動したボランティア仲間と記念撮影する西川千春さん(左)
Photo By 提供写真

 「大会の顔」と呼ばれるボランティアの中に、リーダーというポジションがある。運営側とコミュニケーションを取りながら、現場スタッフをまとめる役回り。マラソン・競歩の札幌移転が決まり、新たなボランティアの育成や団結が急務となる中、リーダーの役割はより重要になる。世代も国籍も異なる集団をまとめるリーダーに必要な力とは何か。エキスパートは5つのポイントを指南した。

 本番開幕まで残り9カ月となる中、急転直下でマラソン・競歩の札幌移転が決まった。札幌市は元々サッカー会場の一つだが、実施競技が増えたことからボランティアの育成が急務に。決定から一夜明けた2日には同市で研修会が行われ、参加者からは「マラソンを手伝いたい」と意気込む声が上がった。

 新たな課題に直面し、役割がより重要視されるのが、ボランティアの中にあるリーダーというポジションだ。

 期間中のボランティアは、競技運営に関わる約8万人と、観光案内などを行う約4万人の計12万人。先月から11都道府県で共通研修が始まり、来年3月に配置や活動場所が決まる。役割によっては十数人単位のチームで活動するが、その中で司令塔としてシフト管理や出欠確認、運営側と現場との橋渡しなどを担うのがリーダー。初心者も多いチームのまとめ役となり、酷暑や不測の事態に臨機応変に対応することが求められる。組織委や開催自治体は過去の実績や希望を参考に候補者を選び、来年4月からのリーダーシップ研修を経て最終決定する。

 では、年齢も性別も国籍も異なる集団が「ONE TEAM」の精神で活動するために、リーダーに必要な心得とは何か。ロンドン五輪など過去3大会でボランティアを務め、リーダー経験もある「笹川スポーツ財団」特別研究員の西川千春さん(59)は(1)よく通る声で指示(2)現場対応力(3)体調を見極める(4)笑顔と感謝を忘れない(5)会社を持ち込まない――が大切だと語る。

 特に暑さ対策が大きな課題として残る中、意外な落とし穴は「楽しいこと」。西川さんは「楽しいから休憩を忘れてやり過ぎてしまう人もいる。どんな状況でも仲間の体調を見極める力や、休憩、水分補給を促す冷静さが必要」と語る。

 また、中高年の会社員が陥りがちというのは「会社を持ち込んでしまうこと」。会社のように効率を求めてチームを仕切ったら空回りしてしまう。ボランティアは部下ではなく、立場は全員同じだと強調し「一人一人に敬意を払うことが凄く重要」と力を込めた。

 首都圏での活動を希望している参加者からは「マラソンだから札幌と言われたらどうしよう」と戸惑いの声が上がる。だが、どの会場でも本番では想定外の事態はつきもの。頼もしいリーダーを中心に12万人が大会成功の原動力となる。

 《競技運営8万人、40代が最多22%》競技運営に関わる約8万人のボランティアは10~80代までバランスよく採用され、40代が22%で最も多い。外国籍の人は12%で約120の国・地域から採用された。役割は9つ。最も多くの人数が関わる「案内」は観客や関係者の案内やチケット確認などを行う。このほか、関係者の移動車両を運転する「移動サポート」、インタビューの通訳などを行う「アテンド」、医療関係やドーピング検査をする「ヘルスケア」、表彰式やメダルの管理を手伝う「式典」がある。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年11月4日のニュース