×

カズ、現役引退の長谷部をねぎらう 「これまで以上に世界で活躍して」引退発表前に連絡受けたと明かす

[ 2024年5月21日 17:59 ]

<三浦知良帰国>ポルトガルから帰国、囲み取材を終えて笑顔で手を振る三浦知良(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表でポルトガル2部オリベイレンセに所属するFW三浦知良(57)が21日、羽田空港着の航空機で帰国した。横浜FCから期限付き移籍の期間を延長して加入2季目となった今季は、15位に終わったチームでリーグ戦5試合を含む公式戦6試合に交代出場。得点はなく、後半14分からプレーした19日のレイションイス戦で全日程を終了していた。

 羽田空港で報道陣の囲み取材に応じた三浦は、今季限りでの現役引退を表明した元日本代表主将の長谷部誠(40=アイントラハト・フランクフルト)に言及。事前に長谷部から現役を退くことを知らされていたと明かし、「これからはこれまで以上に日本を代表して、また違う形になると思うが、世界で活躍してほしい」とエールを送った。

 1月には長谷部がポルトガルを訪問し、食事を共にするなどしたという。「その時は引退ということは言っていなかったが、悩んでいる感じはした」と振り返った。

 三浦は「日本代表としてもそうだし、ヨーロッパでも活躍した。今自分たちが(欧州で)やれているのは彼らが頑張ってきたから。非常に大きな功績。ヨーロッパといっても各国違うが、いればいるほど彼らの偉大さを感じる。みんながリスペクトしている。ここで活躍するのがどれだけ大変なことか」と話し、長谷部の功績を称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年5月21日のニュース