大分・五輪代表候補の岩田、来年24歳「年齢制限に関するところはコメントできません」

[ 2020年3月25日 16:59 ]

 東京五輪サッカー日本代表の有力候補、J1大分のDF岩田智輝が五輪延期についてコメントした。

 1997年4月7日生まれの岩田は、間もなく23歳。24歳になる来年の開催となれば現行の年齢制限では出場できなくなる。開催延期で大きな影響を受ける立場にあるが、今回の決定に対して岩田は「世界中の人たちの命を守ることが第一優先であり、オリンピックの延期はやむを得ないと思います」と理解を示し、年齢制限については「サッカーの年齢制限に関するところはまだ正式に決まっていないのでコメントできません」と思いを明かした。

 リーグ戦の再開も5月からに再度延期され、新型コロナウイルス感染症の拡大によってめまぐるしく変化する状況にも「自分は大分トリニータの選手として毎日のトレーニングにしっかり向き合い、努力することが未来につながると思っています」と前を向き、「早く平穏な毎日が戻ることを願っています」と切望した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月25日のニュース