【下関ボート ミッドナイトボートレース3rd】永田啓二が優勝戦1号艇 ここも止まらずV最右翼

[ 2024年6月17日 22:40 ]

インから速攻で永田が今年3回目のVを決める     
Photo By スポニチ

 ボートレース下関の「ミッドナイトボートレース3rd」は4日目を終え、最終日優勝戦メンバーが決まった。

 永田啓二が4日目準優12Rも危なげなく逃げて、順当に優勝戦1号艇に座った。ここまで7戦6勝。伸びの感触は良く、2日目からは5連勝とリズムも申し分ない。最後もインからスタートを踏み込んで、5月びわこ以来となる、今年3回目の優勝を決める。

 森永は2コースから差しに絞って。内の両立が軸。村越のさばきや渡辺のカド自在攻めも警戒したい。

 <1>永田啓二 伸びは中堅上位くらいある。準優は水面の良さに助けられた面もあるが、出足も悪くなくて普通はある。乗りやすさもあった。もうこの状態で行く。スタートはスローだと質のいいのが行けていないので練習する。

 <2>森永隆 行き足だけは来ていたが回り過ぎでターンで滑っていた。カカリが浅かった。足は普通くらい。比較ではそう気にならないけど出ていくことはない。優勝戦はグリップをしっかり求めたい。スタートは行けると思う。

 <3>村越篤 体感は重いけどリプレーを見たら悪くなかった。出足はいいと思う。スタートは分かっていない。準優も様子を見てしまった。スタートをちゃんと行ければスリットの足も悪くない。集中していきたい。

 <4>渡辺雄朗 2日目から伸びには手応えがあった。3日目から出足も来た。いい感じにバランスが取れた。上位の足だと思う。4号艇なら楽しみはある。

 <5>高倉和士 今節はレースがうまくいっていない。足は悪い部類ではないしバランスも取れている。展開を突ける足もある。5コースは好きな位置です。

 <6>岡谷健吾 準優は真庭君のおかげ。もう少しいいところを差したかった。乗りづらいし、全部のターンで行き過ぎている。もっと手前に持っていきたい。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月17日のニュース