【中山GJ】マイネルグロン 盤石の仕上がり、青木師は自信「言うことありません」

[ 2024年4月11日 05:06 ]

坂路で追い切るマイネルグロン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 春の障害王を決するJ・G1「中山グランドジャンプ」の最終追い。昨年暮れの中山大障害に続き障害G1連覇を狙うマイネルグロン(牡6=青木)は、石神深を背に坂路で単走追い。力強い脚さばきで駆け上がった。

 青木師は「調子はいい。反応も良かったし、言うことありませんね」と自信を口にした。今年初戦となった前走の阪神スプリングJは後続に7馬身差をつける圧勝劇。同師は「(レース後に)右前脚球節の捻挫があったが今は全く問題ない」と盤石の仕上がり。現在、破竹の5連勝中。さらなる高みへと突き進む。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月11日のニュース