【中山新馬戦】レッドラウル 国枝師が手応え「時計的には水準は動いている」

[ 2023年12月1日 05:09 ]

 中山日曜5Rに出走するレッドラウル(牡=国枝、父キズナ)が上々の動きを見せている。11月29日にWコースで5F66秒3~1F12秒0(強め)。国枝師は「時計的には水準は動いている。性格は前向き。大きい割には身のこなしはいいので、まずは芝から使う。馬力タイプとも感じるので軽い芝をこなせれば」と手応えを得ていた。

続きを表示

「2024 皐月賞」特集記事

「アーリントンC」特集記事

2023年12月1日のニュース