イクイノックス 父キタサンブラックとともに遺伝子を次世代へ

[ 2023年12月1日 05:30 ]

ジャパンCを制したイクイノックス(左)
Photo By スポニチ

 【記者の目】数々の名レースで新時代を切り開いたイクイノックスは、馬産地からも最大級の期待を持って迎えられることになる。けい養される社台SS(北海道安平町)の来年度の種付け料トップは、父のキタサンブラック(2000万円)。今年、同スタリオンの種牡馬32頭のうち、最多の242頭(前年比65頭増)に種付けした。当然、今後はイクイノックスのライバルとなるわけだが、似た血統背景を持つ2頭が並び立つことにより、人気の一極集中による負担の軽減、より多くの牝系と交配できるなど、大きなメリットが生まれる。

 一時代を築いたディープインパクト、その直系で今後の覇権を争うことになるコントレイルは、ともに初年度の種付け料が1200万円。まだイクイノックスの種付け料は不明だが、“世界一の走り”を見せ続けた天才馬には相応の高い評価が与えられるはず。同じ勝負服でG1・9勝アーモンドアイとの交配が実現すれば、獲得賞金歴代No.1&2の超良血が誕生。夢は広がるばかりだ。 (高木 翔平)

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年12月1日のニュース