イクイノックス 世界最強のまま電撃引退 G1・6連勝から4日…有馬参戦せず種牡馬入り

[ 2023年12月1日 05:30 ]

ジャパンCを制したイクイノックス。感極まる鞍上のルメール
Photo By スポニチ

 世界一の馬が、すがすがしくターフを去る。30日、G1・6連勝中のイクイノックス(牡4=木村、父キタサンブラック)の現役引退が発表された。年末の有馬記念には向かわず、今後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることとなった。JRAの歴代獲得賞金1位となった令和の天才馬が、新たな頂点へと歩み始める。 

 世界最強馬は引き際まで潔かった。8万人の大観衆を感動の渦に巻き込んだジャパンCからわずか4日。イクイノックスの電撃引退が発表された。シルクレーシングの米本昌史代表は、感無量の面持ちで切り出した。

 「おととい(11月28日)、ノーザンファーム天栄に放牧に出て健康状態をチェックした結果、天皇賞・秋、中3週でのジャパンCを走っただけの疲れが見えました。有馬記念を鑑みて、今回も中3週で万全の態勢での出走は難しいとの判断で出走を見送らせていただきます。社台スタリオンステーションから素晴らしいオファーをいただきました。この上ないオファーに応えることで種牡馬入りするのがベストだと判断しました」

 総獲得賞金22億1544万6100円は女王アーモンドアイを超え歴代1位。G1出走機会6連勝はテイエムオペラオー、ロードカナロアに並ぶタイ記録。連覇が懸かる有馬記念でも雄姿を見たい…。一方で、このまま無事でスタッドインしてほしい。イクイ2世の誕生を望む大きな声もまた多かった。

 全10戦で手綱を取ったルメールは自身のSNSを早速更新。ジャパンCの口取りでイクイノックスと見つめ合う写真とともに「あなたはトップパートナーに上り詰めました。引退は当然のことです。楽しんで!そして、ありがとう」と戦友を思いやった。ジャパンCのレース直後、木村師が「調教を見ているだけで涙が出る」と声を震わせたサラブレッドの究極の完成形。3歳春のクラシック(皐月賞2着、ダービー2着)こそ涙をのんだが、G1初制覇を飾った3歳秋の天皇賞からは手がつけられないほど強くなった。今年3月のドバイシーマCは圧巻逃げ切りで世界最高レーティングの129ポンド。令和初の天覧競馬となった2走前の天皇賞・秋は衝撃の「1分55秒2」の大レコード。ラストレースとなったジャパンCを制し、日本調教馬歴代2位のレーティング133ポンド(暫定。1位はエルコンドルパサー)となった。最強のままターフを去るイクイにはG1・7勝の偉大な父キタサンブラックの血の継承という大きな仕事がある。父も在籍する社台スタリオンステーションで来春から種牡馬生活がスタート。父もこれからはライバルだ。

 引退式は「やってあげたいな…という気持ちがあります」(同代表)とJRAと協議している。順調なら、初年度産駒は2年後の25年に誕生予定。27年夏以降、イクイノックス2世が全国の競馬場でデビューする。逃げて良し、追い込んでOK。多彩な戦法でもファンを魅了した“最強の遺伝子”はきっと引き継がれていく。

 ◆イクイノックス 父キタサンブラック 母シャトーブランシュ(母の父キングヘイロー)19年3月23日生まれ 牡4歳 美浦・木村厩舎所属 馬主・シルクレーシング 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績10戦8勝(海外1戦1勝、重賞7勝、うちG1・6勝) 総獲得賞金22億1544万6100円。馬名の由来は昼と夜の長さがほぼ等しくなる時。

 《社台SS・徳武場長「期待裏切らないように種付けを」》種牡馬入りする社台スタリオンステーションの徳武英介場長は「いつかここに来てほしいと思っていた馬。みんなの期待を裏切らないように種付けしていきたい」とコメント。「父のキタサンブラックはとんでもないスピードで走るマラソンランナーで、母系には驚異的な身体能力を持つ馬ばかり。両方の良さが合わさって、感動を呼ぶような爆発力があった」とイクイノックスの現役時代を振り返り、「サンデー系特有のしなやかでバネのある走り。子供にもそのような部分が受け継がれるといいですね」と産駒の活躍を楽しみにした。

 ▼木村師 この秋、天皇賞とジャパンCは素晴らしいレースをしてくれました。これ以上、望むことはありません。牧場のスタッフならびに木村厩舎のスタッフ、クリストフ・ルメール騎手、獣医師さん、装蹄師さん、全ての牧場関係者が尽力した成果だと思います。イクイノックスには素晴らしい景色を見させてもらいました。そして彼は世界中の人々に感動を与えてくれました。(種牡馬として)無事に次の仕事へと向かってもらいたいと思います。初入厩から2年半、彼と過ごした日々は世界一幸せでした。こうして無事に送り出すことができ、その責任を果たせたことを誇りに思います。全てを理解している、まさにパーフェクトな馬でした。イクイノックス、ありがとう。本当にありがとう!

続きを表示

この記事のフォト

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年12月1日のニュース